屋上を防水して水滴から自宅を守ろう|業者選びが鍵

家

注目を集める施工方法

作業員

施工にかかる期間が短い

屋上のある建物や住宅は、防水対策を行う事が必須です。床面が平らな屋上は雨水が溜まりやすく、その影響で劣化が進んでしまいます。何も対策をしなかった場合、屋上の防水機能が失われてしまい結果、雨漏りを引き起こすようになるので注意が必要です。最近、一般住宅でも屋上のある家が増えてきました。知らない方が多い、屋上の防水対策は覚えておきましょう。一般住宅に行う防水対策として、今注目を集めているのがFRP防水という施工方法です。この施工方法はガラス繊維強化プラステックによって、FRPの被膜防水層を形成する施工方法となっています。耐久性や耐候性、もちろん耐水性にも優れている事から、屋上の防水工事に多く用いられるようになりました。この施工方法ではまず、古い防水層を撤去する工事から行います。撤去すると屋上の下地部分が見えるようになり、ここに木材を敷き詰めて新たな下地を作るのが工事の基本です。木材による下地が完成したら、密着性を高める為にプライマーを塗り、その上にさらにガラスマットを敷いて樹脂を塗り込んでいきます。その後はガラスマット部分に、ポリエステル樹脂を含ませて防水層を作っていきます。この時、気泡が入ったまま樹脂が固まってしまうと、耐水性が落ちてしまうため、気泡処理を行いながらの作業となるのが一般的です。気泡処理を丁寧に行わない業者は、避けた方が良いでしょう。さらに耐水性能をアップする為、ポリエステル樹脂を重ね塗りしトップコートを塗れば、FRP防水の工事は終了となります。