屋上を防水して水滴から自宅を守ろう|業者選びが鍵

作業者
ベランダ

湿気で傷みやすい

日本は雨が多く湿気が高いという事もあり、家の防水対策はしっかり行う必要があります。特にベランダは傷んでしまうと、家自体の寿命を左右してしまうので、対策を行う事が重要です。ウレタン塗料などをベランダの床面に塗る、防水加工を行う事で防水性を高められます。

作業員

注目を集める施工方法

屋上の防水工事として、今注目を集めているのがFRP防水です。この施工方法は、まず古い防水層を撤去する事から始めます。この後は下地を作る、ガラスマットやポリエステル樹脂によって、耐水性能を高めていくのいが工事の流れとなります。

新築時に行う施工法

作業員

2種類の施工法を確認

屋上のあるビルやマンション、また一般住宅は新築時に防水工事を行うのが基本です。木造とは違い屋上のある建物は、ほとんどがコンクリート製のRC造住宅である事から、防水の工事を行う必要は無いのでは、と感じるかもしれません。しかし、屋上は傾斜のある屋根と違い、床面が平らです。雨が降ると雨水が溜まりやすく、その影響をダイレクトに受けてしまう箇所なのです。防水工事を行わなかった場合、屋上の床面にひびが入り、雨漏りを引き起こす原因になってしまいます。建物全体のダメージを考えても、新築時に防水工事を行うのは必須の施工なのです。新築時、屋上に施す防水工事として、アスファルト防水という施工法が一般的に行われています。アスファルト防水はネーミング通り、アスファルトを使った施工法です。トーチ工法と常温工法という、2種類の施工方法が取られています。特に施工法を決めなくてはいけない一般住宅の場合、事前にトーチ工法と常温工法の違いを知っておくと、より選びやすくなるのでおすすめです。トーチ工法は、屋上の床面に貼るシートの裏側にあるアスファルトに、トーチバーバーを当てて炙る事でシートを塗るような感覚で、貼り付けて行く施工法となっています。シートを隙間なく接着させる事が出来るので、トーチ工法は施工不良を減らせるという点が魅力です。常温工法はトーチ工法とは違い、熱を加えずシートを貼りつけて行きます。炙られてシートから不快な臭いが発生しないので、周囲への環境を配慮した場合に向いている施工法です。このように、同じアスファルト防水でも施工法は特徴には違いがあります。違いを把握した上で、より良い施工法を選択する事が大切です。

傘と家

しっかりと修理してくれる

大阪の防水工事業者はその建物に合わせた防水加工をしてくれます。事前チェックを怠ること無く、劣化部分に対しては適切な修復工事をするので、マンションや戸建などの防水工事を依頼する場合にはぜひ大阪の業者に任せましょう。